製品情報: TOAMIT エアモニター1 / Protmex PTH-4,5,8 / X Monitor

TOAMITが発売し、ヤマダ電機などでも購入できるようになったと話題の機種です。さまざまな名称で販売されています。

  • TOAMIT エアモニター1
  • Protmex PTH-5 / PTH-4 マニュアル (PTH-5は華氏表示対応のアメリカ向け、PTH-4はそれ以外)
  • X Monitor
  • Matech Airmonitor ( Amazon )

見た目で同一性を判断しているため、実際には中身(特にセンサー)が異なっている可能性も残されています。

また、WIFI&クラウド接続可能なPTH-8という製品も販売されていて日本で入手可能です。(2021/6/19加筆)

センサーの種類についてはみなさまのご協力により精度の高いNDIR(非分散赤外線吸収法)と考えても矛盾のない精度が出てきることが確認できました。メディ・アン@換気はCO2モニターで万全に@medical_antique さん、sken@sken20k さん、宮嶋龍太郎RyotaroMIYAJIMA@MiyajimaRyotaro さん、大変ありがとうございました!特にメディ・アンさんには実際にセンサー、X Monitorを購入して検証実験をしていただきました。

なお、TOAMITにセンサーの種類を問い合わせていますが返答はもらっていません。(2021/1/24現在)

付属品・説明書 (X Monitor)

WIFI-クラウド対応版PTH-8

精度検証

  • NDIRと確認されているセンサーとほぼ「並行して」値が変化する傾向がありNDIRセンサーであると考えても矛盾はない。
  • 一定期間の最低値を外気の二酸化炭素濃度400ppmと考えて自動校正するABC校正を行っているらしき動作が観察された。
  • 手動校正の方法はマニュアルに記載されていない。
  • アルコールなど有機気体の影響を受けるMOXセンサーではないことは確認した。
  • 外型が同じホルムアルデヒドセンサーが販売されており、その情報が誤ってオンラインショッピングのページに掲載されているとみられるケースがあった。全体として公開されている情報の信頼性が低い。

販売情報

製品情報: TOAMIT エアモニター1 / Protmex PTH-4,5,8 / X Monitor」への1件のフィードバック

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com でサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。